--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレキシリード考

2007年01月09日 11:07

花とプレイズ

この1月ほど、プレイズとのお散歩には、フレキシリードを使っていました。安全な場所でのみ、リードを伸縮できるようにして・・・。
道端のさまざまなニオイ(草花とか、シッコ跡とか)に、興味津々なプレイズ、立ち止まってしまうことも多く、人間が先行して歩くことで、「人間にはついていかなくちゃ!」と学習させることが目的でした。

それなりに成功しました・・・。
でも、なんかしっくり来ません。

人間も犬も自分の勝手なペースで歩いていて、意思の疎通が薄くなってしまうような感覚です。プレイズも「リードが伸びきるか、姿が見えなくなったら追いかければ良いや。」位に思っているようで。
(もちろん、危険物には近づかせないようにはしていましたが)

これではいかん。イヌとヒトとのリレーションが消失してしまう・・・。

先週末から、公園など「本当に自由にさせたい」ところ以外は、フレキシを封印しました!
ショートリードに切替え、嫌がるかと思いきや、プレイズ君、意外にも嬉しそう。自分の意思が、リードを通じて伝えられることが嬉しいのかも知れません。

プ:「トーチャン、あっちにいこうよ!」
僕:「そっちはゴミがあるから駄目。右に曲がるよ~(チョンチョン)」
プ:「わかったよ~。あ、なんか変なにおい!くんくん、なるほど!」
僕:「あああ!それは他犬のオシッコの跡、もう行くよ~(チョン&膝ポン)」
プ:「了解!(スタスタ)ほめてほめて~」
僕:「ん~いい子だ!ヨーシヨシヨシ(リード弛む。プレイズはニコニコ)」

こんな感じです。
一本の綱で、互いの意思を確認し合えるって、素晴らしい。

あと十日で、十一ヶ月になるプレイズ。今週から、本格的なトレーニングを始めます。
まずは、ツイテ・マテ・オイデを確実にしてゆきましょう。
スポンサーサイト

車中のプレイズ

2007年01月05日 11:22

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくです。

プレイズ君は、車に乗るときには専用ワンコシートに座って移動します。
車内

普段は殆ど騒がない彼ですが、車内で僕ら夫婦が話し始めると、何故か必死に会話に加わろうと声を出します。
曰く「むにゅ~」
曰く「きゅきゅ~ん」
曰く「ふにゃあ?ぶつぶつぶつぶつ・・・」
イントネーションが家内の発声に妙に似ていて、笑いを誘います。

もひとつ、車庫入れで車がバックギアに入ると、とても心配そう(?)に騒ぎ出します。
「トーチャン、おかしいよ!?車が後ろに走っているよ!」
「後ろ見て、うしろ!」
「ああ、かべが!危ないよ!降ろして~」

大丈夫だよ~。トーチャンを信用してくれ。

彼は運転者の心理状況が分かるらしく、運転手が道に迷ったり(主に家内)、車庫入れでまごついたり(これまた家内)すると、心配になるらしく、キューキュー一緒になって心配してくれます。

でもねぇ・・・君に騒がれるとますます平常心を失うんだよ(=_=;)
安全運転にご協力を~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。