--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター教室体験レッスンに行ってきましたよ。

2007年07月30日 11:19

近くの某楽器店にて、日曜夜のクラスが開講になるとのお知らせが。
以前から、「基礎からやり直したいなぁ」との希望はあったのですが、平日は会社が遠いので難しいし、日曜午前は教会の礼拝があるので~。

家内のボーカルレッスンと同じ時間に出来そうなので、ちょうど都合がよいです。

で、昨晩、早速Gibson抱えて教室へ。

講師の先生はJazz畑のかたで、寡黙ながらも優しそうな方でした。
で、僕のギター暦やらなにやらお話したわけですが・・・。
希望として、
・まずは現状のコード伴奏の枠を広げたい
・頭では理解している(つもりの)音楽理論についてテンションの
入れ方やら各スケール(教会施法:ドリアンやらイオニアンやら)
を実践的に覚えたい
・オブリガードの作り方、入れ方を学びたい
ということをお話ししました。

先生、しばし考えて、「これやってみます?」と渡されたのは、「Fly me to the moon」の楽譜でした。有名なジャズのスタンダードの曲です。Am7-Dm7-G7-CM7-FM7-Bm7(-5)の典型的な4度進行。この曲をもとに、転調やアドリブ、テンションノートを入れ方を勉強しましょう、とのことでした。

弾いてみました・・・でも、開放弦を一切を使わない押さえ方(例:Am7は 5x555x)はなじみが無く、焦りまくり。いわゆるFセーハやBフラットのセーハの形とも違う、ジャズ特有の押弦はとっても難しかったです。

うー。手ごたえ感じまくり。先生が、「はい、ここで13thを入れましょう」といわれても、指が硬直して動きません(;_;)本当にド初心者に戻ってしまったような感覚です。
結局、Bメロまで行き着かず、時間切れ終了。

次回までにガッチリ覚えて、正規レッスンに望みたいと思います。

---

空いた時間で、前から気になっていたZoomのA2.1uを試奏してきました。
これ、面白いです。リバーブの出来はともかく、有名アコギのエミュレータはいかにも「それっぽく」て、店員さんとも一緒に楽しんでしまいました。とくにオベーションのエミュレータは、例のパリパリ感が再現されていて、これだけでも買う価値有りかな?とおもいました。またJ-200とJ-45のエミュレータも、違いが上手に表現できていて、面白いです。

でも家内曰く、
「ふーん、いろんなギターを音が出るの?じゃこれ買ったら、もうギター買わなくてもいいのよね?(ニヤリ)」

参りました。あなたには勝てません。すいませんでした。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。