--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の字

2006年12月18日 10:20

最近の僕は夕食後、プレイズをつれて夜のお散歩。家内は食器のお片づけ等でお留守番・・・。帰って来るとプレイズ君は「もっと遊ぼう!」とがんばりますが、彼も僕も満腹&疲れでウトウト。
家事の終わった家内も加わり、気がつくと2人+1ワンは川の字で居間のワンコゾーン(我が家は居間の1/3を犬用にフェンスで仕切っています)で熟睡・・・。昨晩は目が覚めたらAM2:00でした(-_-;)
うとうと


こっからは僕の仮説。

古代、洞窟で暮らしていた人間にとって、犬は猛獣などの外敵の気配を察知し、人間に知らせる役割を持っていたそうです。逆に言えば、犬がのんびり寝ている間は、人間も外敵を恐れることなく熟睡できた、というわけなのでしょう。
きっと人間のDNAには、今でもその記憶?が残っていて、「ああ、ワンコが寝ている~。安心だ!僕も寝よう」となってしまうのかな・・・と。あるいは、寝ているワンコからは、人の眠りを誘う何か(ニオイ?)が出ているのかも~。

以上、今朝も寝坊してしまった僕の言い訳でした。(それでも6:15起床~サンポ~7:10出勤です!)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://omstyle.blog83.fc2.com/tb.php/2-7f856b1a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。