--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ハンドクラフトギターフェス2007

2007年06月04日 13:27

えらい遅いレポですが、東京は北区で開催された、手工ギターフェアに行ってまいりました。今回の目的は、メールでコッソリ親交を暖めている、Shiraiギターさんにお会いするためなのですが、今日は先に「その他のギター」を御紹介します。
今回はすっかり舞い上がってしまい、写真がありません。すいません・・・。

えらい数の宝石のようなギターが所狭しと並んでいます。普通のアコギマニアさんならウハウハ状態なのですが、ご存知のとおり、僕は左利きなので、残念ながら試奏が出来ません(泣)そんな中でも、どうしても触ってみたいと思った何本かは、無理を承知で音出ししてみました。


フォルヒ G23CR
この数年、高いコストパフォーマンスで話題の、チェコ共和国のギターです。OMサイズのお尻を大きくしたような、表板シダー・ボディローズウッドのアコギ。
輸入元のスタジオMの社長さん曰く、「フィンガースタイルソロにはシダートップが音に広がり感があるので、お薦めです。」とのこと。たしかにスプルーストップの方はややパリパリした音でした。
さらに社長さん「でも唄伴には、スプルースがお薦めですよ。山本コウタローさんは、この型でメイプルボディの、さらにパリパリのギターを使っています。ほら、後ろに!」ええぇっ(o_o)?
振り向くと、見覚えのあるオジサン(失礼)がたっておられました。実物を見るのは初めて。びっくりです。

さてさて、シダートップの方の音を出させてもらうと、たしかに広がりのある音。リバーブ感と、微妙に唸る高次倍音がコーラスをかけているようで、うっとりする音です。また欧州っぽい、微妙なダークな音色が素敵です。これ、いいなぁ・・・。お値段もお手ごろ。ネックも細くて弾きやすいです。
宝くじが当たったら、欲しいです。



ウォーターロード(型番不明)
水道屋さんも兼業しているルシアーさんが、フィンガー用のアコギを作られています。プロのフィンガースタイリスト達がこぞって手に入れている、バックオーダー数年とも言われている入手困難な一品。本当は触らせてもらう予定は無かったのですが、他の方が試している音が遠くから流れてきたとき、あまりに上等の音に、思わずブースにふらふら~と寄って行ってしまいました。
密度と解像度のとてつもなく高い音です。まるで使い捨てカメラの写真とツァイスのレンズの写真を見比べたような。
ボディを見ると、わずかにうねりのある、光の加減で緑色にも見えるローズウッドの木目。これは噂の・・・「そう、ハカランダです」とルシアー様。
やっぱり・・・僕はローズとハカランダの音の違いって、あまり分からないのですが、この音密度の違いは、この材から来ているのだろうな、と思いました。思わず値段を聞くと、「う~ん、細かい金額は販売店任せだけど、120位かな?はっはっは~」高!でもその価値は確かにあります。
さらに「左用?昔2本くらい作りましたよ。でもパニクっちゃって、大変でしたわ。うわっはっはっは~」・・・なんだか豪快な方です。
細かいことを気にしないルシアー様に好感を持ちました。これまた宝くじ当たったら(以下略)


サンタクルーズH-13
これ、マジでお薦めです。
13フレットジョイントのOMボディ+スロッテッドヘッド+ショートスケール。とても弾きやすく、取り回しも楽です。GIBSONのL-00のようなフォルムで、抱えやすいです。
でも、それよりも何よりも、音!
J-45の低音と、Thompsonのクリスピーな高音の両方を持っているギターです。

以前J-45を始めて触ったときに、「サウンドホールからバズーカが発射されるような」と評しましたが、H-13は、はるかにその上を行っています。宇宙戦艦ヤ○トの波動砲発射寸前の様な、ボディ内にエネルギー充填120%!というくらいエネルギー感があります。
サウンドホールの中が光りだしているんじゃないかと思うくらい。
指弾きでも、全域で、どのフレットでもドッカンドッカン音がでます。
さらには、これのアディロンダックスプルース版もあるそうです。普通の(シトカ)スプルースでこれだけ鳴るのなら、アディロンなら、いったいどれだけすごい音が?想像するだけでわくわくします。

ギブソン好きには、是非お試し頂きたいギターです。ぼくも脳内で電卓叩いちゃいました。
お値段は、右用で63万円!(左は70万位)「ギブソンとトンプソンを売って、n回休日出勤すれば・・・」いやいや(>_<)、ぼくはこれで充分。家内とプレイズ君の泣き顔が脳裏に浮かびます。彼女らを泣かせるようなことは金輪際しません、でも宝くじ(略)こればっかり・・・。

お金持ちでギブ好きの人、これは最高ですよ!


さて、次回はいよいよ、今回の目玉Shiraiギターさんの紹介です!
スポンサーサイト


コメント

  1. おーぽん | URL | 5q09bTes

    ハンドクラフトギターフェスに行きそびれた者です(汗)
    早く続編が読みたい~

  2. ふられむら | URL | -

    おーぽんさん

    ようこそです!
    続編、鋭意執筆中です~。少々お待ちを。手工品フェス、楽しかったですよ~。プロの方々もちらほら見えていたようです・・・。次回は是非!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omstyle.blog83.fc2.com/tb.php/53-5dcd862d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。