--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の発熱、その顛末(中編)

2008年04月14日 22:56

(承前)困った・・・ふられむらは此の侭、星の国の星(くどい)と散るのか・・・などとはちっとも考えず、朦朧とした頭で対策を考えます。
「あー、そーいえばー、りょこうほけんしょうけんにホットラインが、あったっけー(朦朧中に付き、思考に漢字が伴いません)」
というわけで何とか保険証券を探し出し、証券番号やら滞在ホテルやら、支払方法やらを確認。
1時間後には滞在ホテルかかり付けの往診医、Dr.Neoさんがやってきました。
「あー、たすかったかもー(朦朧中)」

Neo先生いわく、「これは、尿道炎か膀胱炎ですよ。尿路感染。なんで鼻炎の薬がでたの?まずはお尻に注射打ちます。それから抗生物質と解熱剤を出しますので、たくさん水飲んでください。月曜日にまだ調子が悪かったら、病院で検査を受けてください」

尿路感染って・・・身に覚えがございません(*-_-*;

一応これでもクリスチャンですし。

でも排尿時の痛み、残尿感は確かに泌尿器系の病気なのでしょう。最初の病院でそれを伝えるべきでした。

Neo先生「いや、疲れが原因ということもあるでしょうが・・・(なんか歯切れが悪い)」

というわけでNeo先生は去ってゆかれました。
強力な抗生剤+便秘薬のおかげか、便秘も解消し、熱も少しずつ波が収まって行きました。

それからこの先生、お尻への筋肉注射の打ち方が独特です。
薬液を散らすためなのか何なのか、片手でお知りのホッペをデコピンの要領で弾きながら注射するんです。
しかも一度ではなく、連射です。連射。

ぺしぺしぺしぺし・・・ぺしぺしぶすぺしぺしぺし・・

恐ろしく恥ずかしい orz

40男が常夏の島のホテルで、
  見知らぬ中国医に
    お尻をデコピンされながら
     注射を打たれている

なんてシュールな体験。

もうちょっと続きます。

スポンサーサイト


コメント

  1. しみしみ | URL | -

    大変でしたね・・・

    かあちゃんさんからおおまかな事は聞いてましたが、ホント辛かったでしょ。特に誰も頼れずってところがきついですよね。でもちゃんと神さまが対策を与えて下さったんですね♪良かったです。    ちなみに、暑いところに行くとなりやすいんですよ。
    膀胱炎。汗をたくさんかくけどあまり水分を取らなかったり、忙しくてトイレがご無沙汰したりするので。渡星準備の疲れもあったのでしょうね。
    あと、お尻ぺしぺしは先生の愛情かな?
    注射の前に針を刺す場所を押したりしとくと、痛みが減るらしい・・・ただの癖ってこともありますが。
    たくさんお水のんで下さいね。最低1日2ℓぐらいはいっちゃってください。
    前もって言っとけばよかったかな?
    暑い国で熱いものをガンガン食べて、水飲んでスマートになれるかも?jnさんブログ同様、今後のグルメリポートに期待してます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omstyle.blog83.fc2.com/tb.php/67-d87dbe92
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。