--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インクレディブル。。。

2008年06月25日 18:55

早速のインド体験レポートです。

まずは入国カード、なんとカードのタイトルが「Incredible India」と大書きされています。
「自分でもわかってるんかい!?」と突っ込み入れたくなりました。
のっけから一撃をくらった感じです。

次に空港~ホテル間の移動、予約したはずのホテル迎えの車がいっこうに来ません。ホテルに電話しても全然つながらず、つながっても、「予約はされていないようです」の一点張り。同行のTanさんがホテルのManagerに再確認して、やっと車を回してくれることになりました。
この時点でシンガポール時間AM1:00。待つこと30分、やっと車に乗り込むと、今度は猛スピードで車は一般道を疾走します。この道がまたすごい。凸凹&車線が妙に細い上に、だれも車線を守らない。みんな好きなように走っています。ついでに車間ほぼゼロ。さらに人がどんどん左右から飛び出してきて、いつ人身事故が起きても不思議じゃない状態。運ちゃんはますます絶好調でアクセルを踏み、飛び出す人々を意に介さず、僕らに高等テクニック?を披露します。おそろしい体験でした。でもだんだん、レースゲームの画面を見ているような錯覚に。。。

やっとホテルにチェックイン。
部屋に着くなり、フロントから電話。チェックインに使ったクレジットカードがなぜか使えない、との事。うーん。カード会社に連絡してみると、「ふられむらさんのカードは、日本、シンガポール、インドで連続して使われた関係で、盗難もしくはスキミングの恐れありとみなし、一時使用不能にしていました。事情がわかりましたので、ロックを解除します」とのこと。

最後にホテルのトイレ、なんと紙がほんの少ししかありません。新品のロールペーパーでも紙はちょっぴり。。。やはり手で拭く、という噂は本当だったようです。次回出張にはロールペーパーを2つは持たなければ。

とりあえず昨晩の出来事でした。
写真は今朝のホテルからの眺めと、オフィス近くを行き交う人と車。(早朝なので人も車も少ないです)
画像 034
画像 036

いんくれでぃぶる・いんでぃあー

2008年06月19日 16:07

やっと家内&ワンコを連れて再渡星したばかりというのに、早くも出張が・・・
しかも弊社所轄で一番ハードとされる、インドへ!
インドとのやり取りには、いっつも泣かされています。

まず、言葉が・・・
恐ろしく平坦なイントネーションの上に、早口。
電話会議では、ほとんど意味がわかりません。

次に、論理が・・・
たまたま相手が悪かったのかもしれませんが、議論があっちに飛んだりこっちに飛んだり、質問とまるで関係ない回答が帰ってきたり、会話が成り立ちません・・・

でも、職場の皆様に事情を説明しても、
「ああ、インドだからねぇ・・・しょうがないよ」
「incredible India だもの。そういうものと思ってあきらめてください」
とのこと(-_-;)。

ここシンガポールでは、インド観光キャンペーン?なのか、バスのラッピング広告とかに、「incredible India」のキャッチコピーが踊っています。
広告会社の意図は「信じられないくらい素敵な、India」なのでしょうが、僕にとっては、「どうにも信用できない、インド人」としか読めません(笑)
今回の出張で、少しでもその印象が変わればよいのですが。

6/24夕方出発、6/27早朝に帰国です。でもまだビザが発給されていません。このまま時間切れ&出張中止ならうれしいのですが(爆)
不在中、まだシンガポールに不慣れな家内は大丈夫か、心配です。今週末は保存食料をいっぱい買って、少なくともおなかは空かないようにしてあげなくては。

たんぱく質不足~

2008年05月20日 16:52

こちらについてから、生活に徐々になれ、食欲も全開・・・太ってしまいました。

昨晩、運動不足解消&減量のため、マンション付属のプールで一泳ぎ、眠くなって布団にもぐりこみました、が・・・
真夜中、突然の空腹、「肉が食いたい!」と目覚めました。起きてみるとなぜか足に力が入りません。
ここのところ、炭水化物中心(雲呑麺とか福建麺とか)の食生活ばかり送っていたのと、多少でも運動したせいか、たんぱく質が不足していたのでしょう。
その晩は牛乳&コーンフレークで餓え?を凌ぎました。

会社についても、どーも足元がふらふらします。
そこで昼は、いつもの食堂で、サーロインステーキプレート!(写真撮り忘れ・・・)
といっても、550円位ですが。ステーキとは名ばかり、厚さ5mmくらいの焼肉定食でした。でも野菜も半熟目玉焼きも乗っていて、栄養バランスはほぼ完璧です。

食後、すっかり体調回復!元気いっぱいです。カリ城のルパンⅢ世の気持ちがよくわかりました(謎)
やっぱり三食フードコートで中華?食では限界があるようです。
時には肉&野菜をガッツリ食べて(もちろん運動もして!)暑い夏(年中夏ですが)を乗り切ります。
20080520174918.jpg
写真はマンション付属のプールです。ちょっとゴージャス。でも一人ではつまらない~。

シンガポールコーヒー事情

2008年05月16日 10:51

ここシンガポールでも、スターバックスはそこらじゅうに出店しています。
とくに職場近くのVivoモールでは、3分に一軒見つかるくらい、いっぱいです。
でも、僕のお気に入りは、「旺(Wang)」のコーヒーです。
ベトナムコーヒーに少しだけ酸味を足したような味で、甘いのですが、意外に後味すっきり!
(一応)頭脳労働者の僕にとっては、朝のスタートダッシュには欠かせません。
それに、なにより安い!グランデサイズのKopi(あまーいコンデンスミルク入り)で、S$1.5(140円)!日本の缶コーヒー並です。(ちなみに日本の缶コーヒーも手に入りますが、妙に高いです)
スタバの1/4です。朝や昼食後の時間は大行列です。
Image009_convert_20080516114439.jpg

写真のように、ぶら下げる紐がついています。これをぶら下げてオフィスに向かえば、ローカル気分が味わえます。
Image010_convert_20080516114520.jpg

そういえば駐在員がこれ持ってる姿、見たことないなぁ。

さてこのKopi、スタバよりもさらに細かいオプションで注文します。
概略は下記(店舗のメニューには書いてなかったりします)
Kopi:基本形、コンデンスミルク入り(甘さ調整不可)
Kopi-O:砂糖入り・コンデンスミルク無し
Kopi-C:砂糖入り・普通の牛乳を使う
Kopi-C-Siu-tai:普通のKopi-Cの砂糖少な目
Kopi-C-Ka-tai:普通のKopi-Cの砂糖多目
Kopi-C-Kou:Kopi-Cの濃い目(お湯少な目)
Kopi-O-Gosong:ブラックコーヒー(砂糖・ミルク無し)
アイスコーヒーの場合、上記オプションの最後に"Pin"を入れます。
持ち帰りたいときは、Da-Baoといいます。

例:
お湯少な目砂糖少な目普通の牛乳を使ったアイスコーヒー、持ち帰りで!
Kopi-C-Sui-tai-Kou-Pin Da-Bao!
となるわけです!ややこしいですね。スタバの比ではありません。
なお、普通のKopiは、すでにコンデンスミルクが入っているので、Sui-taiやKa-taiのオプションを使って、甘さの調整はできません。

同僚のTanさんが、説明文を書いてくれました。
Image011-001_convert_20080516114551.jpg

通勤車

2008年04月21日 15:03

こちらでの愛車です。
カンパニーカー

通勤&送迎用に会社から借り受けています。新入り駐在員は来星する要員の空港お出迎えのための運ちゃんもお仕事なのです。
さてご当地シンガポールでは、税金がやたら高いため、サニーやカローラクラスでも、600万とかするそうです・・・。大層な贅沢品とのこと。その割に、どの道路も車で一杯だし、フェラーリやランボルギーニをやたらと見かけます。
なんか変なの。

さてこの車、歴代の駐在員が使い倒してきた車らしく、走行7万キロ!そこかしこがくたびれています。僕の赴任に合わせ、きっちり整備していただいたそうなのですが~。はたしてどうなる事やら。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。